- 2006/09/06 -

WS007SH: ATOKユーザー辞書

WS003SHの時はMSIMEのユーザー辞書へDicUtilityとソフトを使ってPCのMSIME(ATOK)からユーザー辞書を出力して一括登録することができたが、WS007SHのATOKのユーザー辞書の場合は、JUSTSYSTEMの提供している移行ツールの対応を待つしか無いらしい。。
\Windows\ATOKSTAT.DATというファイルがユーザー辞書らしいのだが、のぞいてみたところどうやらPCのATOKのユーザー辞書とは形式が違うので上書きしても無理そうだ。。
先日のWS007SHのファームウェアアップデートでキーの取りこぼしがなくなり、大変快適になったので、なるべく早く移行ツールを提供して欲しいところ。。
>>ATOK for Pocket PC 辞書ユーティリティ AAA強化版

追記: とりあえず要望を送ってみました。。
Posted at 00:08 | Comment(0) | TB(0) | Mobile
List of Comments
Sending Comment
Name: (required)

Mail:

URL:

Comment: (required)

Code: (required)


※画像の中の文字を半角で入力してください。

List of TrackBacks
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。